初めて筋トレ1年目の教科書をご覧になる方へ

筋トレはジムと自宅どっちがオススメ?メリットやデメリットを比較し元トレーナーが解説

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

この記事で分かること
・筋トレはジムと自宅どっちがオススメなのか?
・ジムと自宅それぞれのメリット・デメリット
筋トレはジムと自宅どっちがオススメですか?

男性

という疑問がある方向けに、この記事では自宅とジムどちらで筋トレを行うべきか解説していきます。

簡単に私の自己紹介すると

図解でダイエット知識を学べるインスタ(https://www.instagram.com/masaki_growyourself)

という感じで、大手ジムのトレーナーとして活躍し、現在はフリーのパーソナルトレーナーとして活動しています。

この経験から、筋トレ初心者は自宅とジムどっちで鍛えれば良いのかを個人的意見を交えつつ、あなたが良い選択をできるように解説していきます。

注意
記事後半では、筋トレ1年目の教科書読者限定のお知らせがあります。

筋トレはジムと自宅どっちが良い?

筋トレはジムと自宅どっちが良いのか?

これは筋トレを始める際に多くの人が考える問題だと思います。

筋トレを10年以上行い、お客様の身体を変えるお手伝いを仕事にしている私個人的には、ジムに通うことをオススメしています。

もちろんジムに通うためには、自宅や職場の近く、通える範囲にジムがなければなりませんし、月会費もかかります。

ジムに通う選択肢を取れるのであれば、ジムに通って本格的に鍛えていち早く理想の身体を実現してほしいと思いますが、そう簡単な話ではありませんよね?

そこで、この記事ではジムと自宅それぞれで筋トレを行うメリットとデメリットを解説、比較検討しながら、紹介していきます。

筋トレをジムと自宅で行う違いを徹底比較

まずは筋トレをジムと自宅で行う違いを徹底比較していきます。

比較したのは次の4項目です。

ジム自宅
費用月5,000円〜1万円初期費用:数万円
継続×
時間×
効果

ジムに通った場合は月5,000円〜1万円ほどの費用がかかり、自宅ではダンベルや床を傷つけないためのゴムマットなどの用意に数万円かかります。

自宅で半年ほど鍛えれば、ジムに通う分の費用の元は取れる計算です。

次に継続のしやすさは完全にジムに軍配が上がるでしょう。

自宅でも継続できる人はいますが、強い意思と継続力が必要です。

次に時間はいつでも自由に鍛えられる自宅が優れています。

ジムは営業時間が決まっていますし、ジムに行くまでの時間も必要になるからです。

最後に最も重要なトレーニング効果はジムの方がやや優れていると思います。

自宅でも身体を変えることはできますが、より効率良く効果的に身体を変えたいのであればジムが良いでしょう。

ではより具体的に、ジムと自宅それぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

ジムと自宅それぞれのメリット

まずはメリットは次の通り。

ジム自宅
メリット・豊富な器具で鍛えられる
・トレーナーに指導してもらえる
・集中して鍛えられる
・好きな時間に鍛えられる
・費用がかからない(初期費用は必要)
・人目を気にせず鍛えられる

ジムで筋トレを行うメリットは、なんといってもトレーナーに指導して正しいやり方で鍛えられることです。

自宅で鍛える場合は、本やYouTubeを見ながら見よう見まねで行うことになりますが、筋トレ初心者の場合は大体上手く行えません。

また、ジムなら簡単に狙った筋肉に効かせられるマシンがたくさんあるので、初心者の方でも問題ありません。

反対に自宅で鍛えるメリットは、毎月の費用がかからないことと、好きな時間に鍛えられることです。

どんな服装で鍛えても構いませんし、基本的には自宅なんでなんでも自由ですw

どちらのメリットが自分に合っているか考えてみてください。

ジムと自宅それぞれのデメリット

次にデメリットは以下の通り。

ジム自宅
デメリット・月会費がかかる
・移動時間がかかる
・場所を取られる
・行える種目が限られる
・集中力が欠けやすい

ジムで鍛えるデメリットは、時間とお金がかかることです。

ジムへの移動時間や準備時間がかかり、月会費もかかります。

ジム代が勿体無いと感じる人は「ジム代がもったいない!お金の無駄!4つの節約方法を紹介」の記事を参考にしてください。

反対に自宅で鍛えるデメリットは、ダンベルやベンチ台を置くために場所が取られることや、行える種目が限られることです。

自宅ではほとんどの方が、ダンベルやバーベルを用意するのが限界だと思いますので、単純にフリーウエイト種目以外、行える種目が限られます。

また、いつでも鍛えられるメリットとは裏腹に、自宅という環境から集中力が欠けやすいデメリットもあります。

自宅では筋トレを継続できない可能性があるので、心配な方はこちらの「自宅での筋トレが続かない5つの理由!継続し身体を変えるためには?」をどうぞ!

筋トレをジムと自宅どっちで行うべきか?

それぞれメリットとデメリットがあるので、一概に全ての人にジムに通うことをおすすめしませんが、次のような方はジムに通うことをオススメします。

・早く結果を出したい人

・トレーナーから指導を受けたい人

・正しい方法で鍛えたい人

結論、早く結果を出したいのであれば、トレーナーから正しいトレーニング方法を指導してもらうことが大切です。

通える距離にジムがある場合は、是非とも一度見学に行ってみることをオススメします。

筋トレをジムではなく自宅で行いたい人へ

最後に自宅近くにジムがなかったり、どうしても自宅で鍛えたい人には、オンラインパーソナルトレーニングがオススメです。

自宅で独学で鍛えることも可能ですが、多くの人にとって結果を出すことは非常に難しいです。

せっかくの努力を無駄にしないためにも、自宅で筋トレを行う人は正しいフォームで鍛えられるように、知識のあるトレーナーに指導してもらいましょう。

自宅をジム代わりにする方法については「自宅をジムの代わりにする3つの方法と注意点【筋トレ初心者必見】」を参考にしてください!

自宅をジムの代わりにする3つの方法と注意点【筋トレ初心者必見】自宅をジムの代わりにする3つの方法と注意点【筋トレ初心者必見】

また、以下の公式LINE登録者限定で6ヶ月間のオンラインパーソナルトレーニングを募集しておりますので、6つの無料特典を受け取ってお待ちくださいませ!

マサキ公式LINE

公式LINE