初めて筋トレ1年目の教科書をご覧になる方へ

ジム代がもったいない!お金の無駄!4つの節約方法を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

この記事で分かること
・ジム代がもったいない人の特徴
・ジム代がもったいない人におすすめの節約方法
ジム代高いし、もったいない気がしてきた・・

男性

という悩みはありませんか?

簡単に私の自己紹介すると

図解でダイエット知識を学べるインスタ(https://www.instagram.com/masaki_growyourself)

という感じで、大手ジムのトレーナーとして活躍し、現在はフリーのパーソナルトレーナーとして活動しています。

この経験から、ジム代が高い人の特徴と節約方法を紹介していきます。

注意
記事後半では、筋トレ1年目の教科書読者限定のお知らせがあります。

ジム代がもったいない!無駄になる人の特徴

ジム代がもったいない!無駄になる人の4つの特徴は次の通りです。

①ジムに通う頻度が少ない人

②ジムが家から遠い人

③ジムの器具をあまり活用できていない人

④身体に変化が見られない人

それぞれ解説していきます。

①ジムに通う頻度が少ない人

ジムに通う頻度が少ない人は、単純に1回利用あたりの費用が高くなるので、もったいないと感じるでしょう。

例えば、週に1回しか通わない場合と、週に4回通う人の場合は、同じ月会費でも1回利用あたりの金額が大きく変わります。

大手スポーツクラブの料金別に週1回と4回利用あたりの料金を比較すると次の通りです。

週1回利用の人週4回利用の人
コナミスポーツクラブの場合1,512円〜2,172円646円〜1,003円
ゴールドジムの場合1,650円618円
ティップネスの場合2,695円673円
スポーツクラブNASの場合2,447円611円

※利用料金は店舗やプラン・キャンペーンごとに異なります

週1回しか利用できない場合は、会員として入会するよりもビジターとして都度払いする方が安い可能性があります。

MASAKI

週に何回通えるかを考えて、週1回など極端に頻度が少なくなってしまう場合は、都度払いに変更するか自宅で鍛える方法に変更しましょう!

②ジムが家から遠い人

ジムの月会費が高くなくても、ジムが家から遠いため、交通費を含めたお金がもったいないこともあります。

月会費が安いという理由でジムを選んだとしても、移動に往復2時間かかってしまったり、車で行くしかなく駐車場代が別でかかるなど、総合的に見たら余計出費が多くなってしまうでしょう。

他にも、ジムが家から遠いと、通うのがめんどくさくなってしまったり、継続できない原因にもなります。

お金と時間を失わないためにも、ジムは自宅近くで通いやすい場所を選ぶのがおすすめです!

遠いジムに通っている方は「ジムが遠い!移動時間で損をする!3つの問題と対処法を解説」の記事もどうぞ!

ジムが遠い!移動時間で損をする!3つの問題と対処法を解説ジムが遠い!移動時間で損をする!3つの問題と対処法を解説

③ジムの器具をあまり活用できていない人

「せっかくジムに通ったけど、マシンの使い方もよく分からないし、いつもランニングマシンしか使っていない・・」って感じの人は正直もったいないです。

ジムに通うメリットは、豊富なマシンを使って効率よく筋肉を鍛えられることです!

言ってしまえばランニングマシンやエアロバイクも、外で走ったり自転車に乗るだけでジムに通わなくても行えますが、マシントレーニングはジムでしかできません。

MASAKI

せっかくジムに通っているなら、環境をフル活用して身体作りに注力しましょう!

マシンの使い方やジム環境をフル活用した効率の良いトレーニングメニューを知りたい方は、公式LINEからご相談ください!

マサキ公式LINE

公式LINE

身体に変化が見られない人

この判断は非常に難しいですが、しばらく通っているのに身体に変化が見られない人は、ジム代がもったいないかもしれません。

ジムに通い始めた理由は、身体を変えたいからだと思います。

運動不足解消やストレス解消が目的という方であっても、今の体型を維持するために通っている部分があるはずです。

また、最初は身体作りを行う目的で通ったけど、そのうち身体を動かすことだけが目的になってしまい、なんとなく続けてしまっている方もいます。

ジム代がもったいないなと感じたら、1度初心に立ち返って、身体作りを行う目的で取り組み直してみてください!

身体が変わり始めればジム代がもったいないとも感じないはずです。

ジム代がもったいない!無駄!という人の節約方法

ジム代がもったいない!無駄!という人の節約方法は次の4つがおすすめです!

①プランを変更する

②安いジムに乗り換える

③自宅で筋トレを行う

④オンラインパーソナルトレーニングを利用する

それぞれ解説していきます。

プランを変更する

ジム代高すぎ!もう辞めよう!と考える前に、まずはジムに通ったまま月会費を下げられないか検討しましょう。

大手ジムには次のような複数プランがあり、人によっては費用を抑えることができます。

都度利用1回利用ごとに支払う方法
モーニングタイム6時〜12時など午前中だけ利用できるプラン
デイタイム8時〜18時など日中だけ利用できるプラン
ナイトタイム18時〜23時など夜だけ利用できるプラン
月2回〜月8回月の回数制限があるプラン

MASAKI

意外と最初に入会したプランから変更していない人が多いので、今より安いプランはないか相談してみると良いでしょう!

安いジムに乗り換える

ジム代がもったいないからといって、今まで頑張って続けてきた運動習慣を捨ててしまうのは、それこそ非常にもったいないです。

なので、トレーニングを辞めてしまう前に、少しでも安いジムがないか探してみましょう。

パーソナルジム(月数万円)→大手フィットネスクラブ(月1万円)

大手フィットネスクラブ(月1万円)→市営スポーツセンター(1回数百円)

このように最初はパーソナルジムで鍛えていた方も、トレーニングに慣れてきて自分ひとりで鍛えられるようになってきたら、ジム代を安く抑えられます。

最近は24時間営業のエニタイムフィットネスや小さめの個人ジムなど安いジムが増えているので、自宅近くに安いジムがないか探してみてください!

自宅で筋トレを行う

初期費用は数万円かかりますが、長期的に見れば自宅で筋トレを行った方が安く抑えられます。

重さをワンタッチで調節できる可変式ダンベルや、角度を調節できるベンチが1台あれば、自宅でも十分本格的なトレーニングを行えます。

他にもチューブやゴムマットなどを用意したとしても、ジムに通う代金は半年で元が取れます。

今は自宅で鍛える方法もYouTubeでたくさん公開されていますし、自宅で良い身体を作られている人も多いです!

MASAKI

公式LINEで自宅で行える全身53種目のやり方を解説したPDFを配布しているからよければ参考にしてね!

マサキ公式LINE

【自宅トレーニング全53種目解説ガイド】

オンラインパーソナルトレーニングを利用する

身体に変化が見られていない人や自宅で鍛える人には、オンラインパーソナルトレーニングがおすすめです!

今はzoomなどのビデオチャットアプリを使って、自宅にいながら本格的なパーソナル指導を受けられる便利な時代になりました。

ライザップや24/7に通うよりも圧倒的に費用を抑えられて、尚且つレベルの高いトレーナーの指導を受けられます。

「6ヶ月間ボディメイクコーチング」は

運動と食事どちらも徹底的に指導し、専用のコミュニティやLINEでの質疑応答をいつでも何度でも行えるサービスです。

また、他のオンラインフィットネスが2ヶ月や3ヶ月という短期間が多い中、6ヶ月という中長期間を設けて、完全に一人で体型を自由にコントロールできるレベルまで徹底指導しています。

さらに、6ヶ月という期間は決まっていますが、これはオンラインでのフォームチェックに対応できる期間であり(全員この期間でフォームを習得できる)、質疑応答については期間を設けていません。

つまり、一度このボディメイクコーチングに参加した方は、永久的に質問でき、私を生涯のボディメイクコーチにできるということです!

ここまで徹底したサポートを行っているサービスは他にないと断言できます。

「6ヶ月間のボディメイクコーチング」は一人ひとりに徹底的に向き合うために、少人数限定とさせて頂いております。

また、本当に身体を変えたい!という強い気持ちがある方の力になりたいと考えているので、募集は以下の公式LINE内でしか告知してません。

募集は不定期となり、毎回枠はすぐに埋まってしまいますので、気になる方は公式LINEに追加してお待ち頂ければと思います。

公式LINEの無料特典だけでも十分身体を変えるヒントを得られるので、参考にどうぞ!

マサキ公式LINE

公式LINE

まとめ

ということで、ジム代がもったいない!高い!という人の節約方法は次の通りです。

①プランを変更する

②安いジムに乗り換える

③自宅で筋トレを行う

④オンラインパーソナルトレーニングを利用する

オンラインパーソナルトレーニングをご希望の方は、募集を見逃さないためにも、今のうちにLINE登録してプレゼントを受け取っていてください!

マサキ公式LINE